作品紹介

カップホルダー(スリーブ)の作成

秋を通り越して冬を感じ始めましたが、体調はいたがでしょうか?

私はそろそろ、タンクトップで寝るのが辛くなってきました。

寒いですからねw

外ではコーヒーばっかり飲んでいますよ。

そんな時ふと思ったのが、紙コップ熱い。。。

おさしみLeatherなりのカップホルダー(スリーブ?)を作ろうと思いましたよ♪

 

あれ?型紙むずいぞ??

 

さあ、作るぞ!っとなってデザインを考えて、型紙を作るタイミングで思いました。

あれ?
紙コップってサイズいくつあるんだ?
円錐の展開図を二つ重ねて、角度どのくらいあればいい??
円錐ってなんだっけ?ww

結構簡単に考えていたので、ちょっと考え込んでしまいました。

が、一つのサイズ用には作らないというコンセプトのもと、デザインを考え直し、算数の公式を使って作成をしました。

久しぶりに算数しましたw

 

作成開始

 

設計的には簡単です。

扇状の革を巻き付けてカップの温度を伝達しにくくする設計です。

ポイントは角を丸めて、柔らかい印象を持たせること☆

そして穴をあけます。

塗ってしまうと、サイズが固定されてしまうので、紐で結び、長さを調整することによって様々なサイズに対応できるようにしました。

穴を開けただけだと、ちょっと弱いので、ハトメで強くして、、、

紐を通して、ビーズで留めて、ひっかけられるようにリングもつけて、、、

 

完成

 

完成です。

なかなか可愛くできました♪

紐は余裕を持たせてあるので、しめれば小さいコップに使え、広げれば大きいコップにも使えるようになっています。

リングもつけてあるのでカバンに、ぶら下げればいつでもどこでも使えます♪

これで、革の色と、ビーズの色と、紐の色、金具の色をカスタマイズ出来たらオリジナリティーがあってよくないですか?!