作品紹介

レザーマグネットの制作過程ご紹介

こんにちは!

5月に入って、暑かったり、寒かったり気温差がある日が続いていますが、体調はいかがでしょうか?

テツヤは完全なる5月病ですw

寒いのはもういいですw

そんなタカザワは最近、小さいものをたくさん、量産しています。

小さいので粗い部分が目立ちますが、その分練習になりますよ♪

その1つがこれ!

マグネットです☆

これ、冷蔵庫にはるだけで、すごくかわいいんですよ!!

いろんな色で揃えたくなりますw

ちょっと作り方をご紹介したいと思います♪

切り出し

使うパーツは3つ+磁石です☆

ちなみに今回の厚みは2mm+2mm+1mmの5mmです。

表面には穴を開ける印をつけてしまいます。

こんな感じですね☆

穴あけ

磁石を入れるスペースを開けるために、穴を開けます。

丸い磁石を使いましたので、真ん中に置いて磁石に沿って、ケガキ線を引きます。

だいたいですねw

この磁石が入ってはまればいい程度の穴を開けます。

目的は磁石が入って動かないことですので、丸でも四角でもいいと思います。

ピッタリ入りました♪

貼り合わせ

表面の革と、穴を開けた革と底面の革を張り合わせていきます。

接着剤をつけて、貼り合わせます。

外周のはじだけでなく、磁石が付く面にも接着剤を付けておくと磁石が固定されていいと思います☆

ビシッとはまります♪

その上から1mmの革を貼り付けて、ひっくり返せば!

↓↓↓

こんな感じですね♪

ここでビタッと決めるのが小さい分大変な気がします☆

個人的には、いい練習になっていると思います。

成形

角を丸めていきます☆

丸める方法は、人それぞれあると思います。

・彫刻刀のでストンと落とす。

・抜き型を使う。

・革包丁で一発で切り落とす。

・革包丁やカッターを使い、少しづつ丸くなるように落としていく。

それぞれあると思いますが、丸くしていきます♪

練習になるのでいろいろな方法で試してみるといいと思います♪

そして縫い穴を開けます☆

相変わらずの逆穴ww

私の手癖ですね。。。

すいませんww

縫い付け

穴を開けたので縫ってしまいます。

縫い穴ですが、私の場合は角になる部分は、丸錐で開けます☆

力が多方向にかかるので、丸穴のほうが力が分散して強度が保たれるのではないかと思っています。

考え方はそれぞれあると思いますので、自分の考え方を作品にするのがいいと思います。

仕上げ

縫いあげたら、仕上げです☆

気になる部分をやすりで少し整えて、ヘリを落としてしまいます。

完成形が見えてくると、ワクワクしてきますねw

ここではやく完成させてしまいたくて、焦って失敗するパターンが多いわたしですww

ゆっくり落ち着いてコバを磨いていきましょう♪

水とコバ成形剤を使って磨き上げました♪

いくら磨いても磨き足りない気がして、いつまでも磨いてしまいそうですが、その見極めをするためにも 良い練習材料だと思います。

これで完成となります♪♪


私はもうすでにいくつか作成していますが、色々な色で作って冷蔵庫に並べると、すごくかわいいんですよ!!

ホント、すごくかわいいんですよ!!w

ほら!w

色々な色で作ってみたくなりませんか?

色も綺麗ですよね♪

こちらの革は[affi id=2]さんの革を使用しています。

ご興味のある方は、是非みなさんで作って練習し、レザークラフト業界をもりあげていきましょう♪

テツヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です